カップルやご夫婦、はたまたお忍びで温泉旅行に行く方におすすめの、人気の露天風呂付き客室がある宿をご紹介。実際に宿泊した体験談を中心にくちこみ情報を掲載しています。

湯元 四萬館 宿泊体験&くちこみ

湯元 四萬館 (露天風呂付き客室の宿) 四万温泉

11月上旬に行って来ました。四萬館の別館壺天の露天風呂付客室に宿泊です。1人分の宿泊料金が2万円前後なので、露天風呂付客室にしてはそれ程高くは無いのも嬉しいですね。


湯元四萬館は、井伏鱒二や太宰治など多くの文豪に愛された和風宿です。上記の2人が湯船につかっているところを撮ったモノクロの写真が展示されていました。お風呂の多くが渓流四万川沿いに造られているので、川面や反対側の森林を見ながら湯船につかることができます。5つの貸切露天風呂(無料)は、サイズは小さいのですが基本的に趣向が全て異なっています。別館の壺天は露天風呂付き客室となっています。


こちらがエントランス正面の外観。ちょっと大きな門のような造りに見えます。
syoumenn.jpg奥へ長く続いていくので、反対側から見ると4階建の中規模な旅館であることが分かります。反対側は手入れのなされた中庭です。

rouka.jpg壺天は別館とうたっていますが、離れとか長い渡り廊下でつながる別館ではなく、本館から少し廊下が延びている先の最奥の各階3部屋がそうでした。


壺天は本館とは異なり、廊下の雰囲気も写真のように明るい木目中心で上品です(ちょうどこの時間の日の向きの関係で陰になってしまいましたので、わかりずらいとは思いますが・・・)。また、小学生以下のお子さんは壺天には泊まれないので静かですよ。


僕らの宿泊時は日曜日の夜ということもあってか、館内を歩いていても他の宿泊客の方にほとんど会いませんでしたので、静かで落ち着いた時間をのんびりと過ごせました。でも、夕飯の食事に行くと結構なお客さんがいたんですよね。これにはちょっとビックリ。彼女も「え~みんなどこにいたの~?」と言っていましたよ(笑)。


四萬館のホームページには、こんな文章も載っています。
「お客様に何かを提供しなくては、ということより、お客様をそっとしておく、悪く言えば、ほっとく事で、、疲れをとっていただくそういう温泉なのです。特に四萬舘はそうかもしれません。そういえば、お得意さまで四萬舘は「ほっといてくれるからいい」なんて褒めて(?)くださる方がけっこういます。」


たしかに、スタッフの方とは館内で出くわすこともほとんど無かったです。そういう意味でも静かな時間を楽しめる人向きの宿といえます。僕は好きですけどね、こういう雰囲気。せっかくカップルで来ているのですから、2人でのんびり&しっぽりしたいもんで^^


食事は、小ぶりな牛すき鍋と焼き魚がメインで、ちょっとした酢の物や煮物が脇を固めるといった、山あいの温泉旅館でよくある感じのもの。1品1品はやや小さめなのですが、見た目以上にお腹いっぱいになる食事でした。全体の写真撮ればよかったですね~。そのなかで特徴的なものを挙げるなら鯉(こい)のカルパッチョです。


鯉は、雪国を中心に冬の栄養源として昔から食べられていました。ただ、甘煮などにすることが多いと思います。
koi.jpg僕も彼女も甘煮は子供の頃に食べていたので昔話に花が咲きつつも、カルパッチョで食べる初めての触感を味わいました。鯉の身らしい固めの歯ざわりや小骨の多さは、僕らは食べなれているので気になりませんでしたが、好みがハッキリと別れるところですね^^;

soba.jpgこちらの写真は朝食の一部です。朝食のなかの一品にそばがありました。このおそば、ゆりそばって名前がついています。四万温泉に来る少し手前で、ゆりそばの看板をみかけて「なんだろうね~食べてみたいね」と話していたので、ここで食べることができてラッキーでした。


麺は非常に柔らかいです。「そばはコシが命だぜ」と思っている人にはいまいちかも知れませんが、僕らは結構気に入りました。館内のお土産コーナーにも置いてありますよ。


湯元 四萬館 貸切露天風呂付き客室 他の人の口コミ情報はこちらからどうぞ。

宿泊プランと空き部屋の確認は↓↓↓

温泉宿の予約.gif



湯元 四萬館の 部屋付き露天(別館壺天)

別館壺天には、客室が全部で12あります(各階3部屋×4階)。
各部屋付きの露天風呂は、12室すべて大なり小なり違っているそうです。
僕らが宿泊した部屋は、「栴檀」でした。「せんだん」と読むそうです。全く読めませんでしたよ(笑)。他の部屋の名前も、風情のある樹木の名前です。

IMGP0311.JPG手前が8畳ほどの和室で(+2畳ほどのテレビスペースやクローゼットが左側にあります)、奥に2畳半ほどの板の間(掘りごたつ付き)があります。そこに大きな全面ガラス窓があり、その外がベランダです。夜に撮影したのでちょっといまいちな写真ですね。

heya.jpg窓には巻き上げ式のすだれがついています。全面ガラス窓にすれば開放的ですが、すだれ越しに見えるベランダのお風呂もいい雰囲気ですね。

heyarotenn.jpg栴檀(せんだん)のお風呂は壺天唯一の陶器風呂。まわりはイタリー製の小さな大理石を埋め込むことで洋のテイストを採り入れ、おしゃれな感じに仕上げてみましたとのこと。ちょっとレトロな感じでもあり、大正浪漫といった印象でしょうか。

ちなみにお湯はかなり熱いです。そのままでは入れないくらいです。ただ露天ですからぬるいと寒くて浸かっていられませんので、この方がいいのかもしれません。この湯船の反対側にシャワーが付いていますので、そちらの水を結構な量入れて体を慣らしながら入りました^^

kesiki.m.jpgこれが露天から見える景色です。栴檀(せんだん)は4階ですので、川面を上から眺める感じになります。この辺りの紅葉の終盤の時期に差しかかっていたので、ちょっと木がスカスカなところやすでに枯れている木もあったのですが、川面と紅葉を上から楽しめました。

裸でベランダの手すりにもたれかかって下の景色をながめるなんて開放的なことは、こういったところならではの楽しみかたです(笑)


別館壺天には、各階3部屋しかありません。そのなかで栴檀(せんだん)は中部屋でした。両脇の2部屋はいわゆる角部屋みたいな形になりますので、ベランダの露天風呂から見える景色も2方向になるみたいです。


畳敷きの室内は普通の印象です。廊下や部屋の入り口の雰囲気よりが良いだけに、ちょっと質素に感じるかもしれません。本館の部屋と別館壺天では、置いてある浴衣の柄が違うのですが、壺天の方がちょっと子供っポイ雰囲気に感じられるものなのが残念。アメニティ類も含めてこの辺に、露天風呂付き部屋の別館ならではの高級感があると嬉しいんですけどね~。


洗面台は部屋付き露天風呂の入り口近くにあります。ドライヤーも備え付けです。あとは小型の冷蔵庫とマッサージチェアがあります。このマッサージチェアがなかなか良い物で、無料ということと相まって何度も座ってマッサージを受け、彼女に笑われました(笑)。


冷蔵庫には、四万館オリジナルラベルの吟醸酒があります(有料)。さっぱりかつ口当たりの良い軽めな味で飲みやすかったです。ブルーの瓶が美しいです。


湯元 四萬館 貸切露天風呂付き客室 他の人の口コミ情報はこちらからどうぞ。

宿泊プランと空き部屋の確認は↓↓↓

温泉宿の予約.gif



湯元 四万館の 貸切露天風呂

宿泊プランと空き部屋の確認は↓↓↓

温泉宿の予約.gif




Page: 1
TOPPAGE  TOP
RSS2.0