カップルやご夫婦、はたまたお忍びで温泉旅行に行く方におすすめの、人気の露天風呂付き客室がある宿をご紹介。実際に宿泊した体験談を中心にくちこみ情報を掲載しています。

美白の湯 美人の湯 日本3大美人の湯

女性が温泉に入るとき美肌効果を期待する方も多いのではないでしょうか?「美人の湯」と言われるものは「美肌になる湯の成分を多く含んでいる」ということです。温泉に含まれる多彩な成分が美容効果をもたらし、肌を磨く手助けをしてくれるのです。


温泉は、基本的に温熱作用と保温作用があるため、血行が良くなることによる美肌効果が望めます。さらに泉質により新陳代謝を促進し肌の生まれ変わり(ターンオーバー)をサポートします。それなら、より美肌効果の高い温泉に入りたいところです。

hadakabijyo.jpg温泉の泉質は大きく分けて11種類あります。それぞれさらに、強アルカリ、弱アルカリ、中性、弱酸性、酸性の湯に分かれます。肌に及ぼす影響はいろいろありますので、肌質や、なりたい肌によって行く温泉を決めるのもいいですね。スベスベ肌を手に入れたいのか、シミ・くすみを取り除きたいのか、しっとり肌になりたいのか。自分の目的に合った温泉選びと入り方を実践すると温泉による美肌効果がアップします。


中でも美肌の湯としておすすめなのは、弱アルカリ性の炭酸水素塩泉(ナトリウム系‐重曹泉)です。お湯がトロンとしていて軟らかく、湯上りの感触は格別といわれています。肌表面の余分な角質を除去するとともに保湿効果にもすぐれているからです。弱アルカリ性重曹泉温泉はなかなか無いのですが、西日本の方が探しやすいようです。代表的なのは和歌山の龍神温泉。龍神温泉は日本三大美人の湯のひとつに数えられていますので、美肌効果は折り紙つきですね。


日本3大美人温泉の他の2つは、群馬県の川中温泉島根県の湯の川温泉です(川中温泉ではなく同じく群馬県の松ノ湯温泉が三大美人湯に数えられる場合もあります)。川中温泉は、肌を滑らかに整える硫酸塩泉(カルシウム系‐石膏泉)の泉質で、湯の川温泉は、肌をすべすべにしてかつ保温効果のある硫酸塩・塩化物泉(ナトリウム・カルシウム系 -含食塩石膏泉 / 芒硝泉)となっています。


3つの湯は、すべて弱アルカリ性です。アルカリ性の湯は、石鹸のような作用で汚れを取り除くので、肌がツルツルすべすべになります。このほか「硫黄泉」も美肌の湯として知られています。硫黄泉や重曹泉は、皮膚の角質を柔らかくするなどの科学的根拠があるとされています。肌の不要な角質を取るのと毛穴の汚れを取ることから、ツルツル肌効果と美白効果があると言う訳です。

部屋露天アップ.jpg泉質そのものに美肌効果がある場合、温泉入浴後のスキンケアは不要のように感じますが、そうではありません。入浴後もしばらくは、皮膚に入った温泉成分が吸収され続けるため、いつまでも肌がツルツルしているように感じます。

しかし余分な老廃物や汗とともに、肌の水分も出てしまっていますので、そのまま放っておくと、時間の経過とともに肌はカサカサになります。入浴後すぐに化粧水などを塗ることで、温泉成分を含んだ保湿状態が保たれます。


温泉に入った後の肌は、古い角質が取れて肌の受け入れ状態が整っているので、ここで丁寧にスキンケアすれば、普段の何倍も効果が上がると言えます。顔にペタンと貼るだけのシートパックなどは簡単お手軽なので、温泉でのリラックス気分にピッタリではないでしょうか。

TOPPAGE  TOP
RSS2.0